Blogブログ

ヘアセットのトレンドなどを配信するWaX2のブログです

セットサロンが教える、雨の日のヘアセット維持のポイント

こんにちは、「WaX2」スタッフです! 雨の日などの湿気が多い日、髪が広がってせっかくセットしたスタイルが台無しになってしまった、という経験はありませんか?暖かくなるにつれて雨の日の数も増え、梅雨にはスタイルする気すら起こらない…という人も珍しくないかと思います。

 

そこで今回は、数々のヘアセットを行ってきたセットサロンの「WaX2」が、雨の日のヘアセットのコツをご説明します!雨が続く際は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

 

1.なぜ雨の日に髪が広がるの?

そもそも、なぜ雨の日や湿気が多い日は髪が広がるのでしょうか。ここまで読んでいただいておきながら申し訳ないのですが、もしかすると「雨の日に髪が広がる」という感覚が分からない人もいるかもしれません。なぜ髪が広がる人と広がらない人がいるのかというと、髪のタイプが大きく2つに分かれることが理由として挙げられます。

 

1-1.吸水性の髪質は雨の日に広がりやすい

1つ目の髪の性質として、「吸水性」が挙げられます。これは髪を構成するキューティクルが、状態により水分を吸収しやすい性質になっているというものです。くせが強い人、俗にいう猫っ毛の人は、吸水性です。髪の毛の水分量のバランスが崩れることで髪は広がってしまいますので、湿気が多いと髪が広がる、という人はこの吸水性の特徴によるものと言えます。

 

1-2.撥水性は、それほど雨の日に困らない?

2つ目の髪の性質は、吸水性と対をなす「撥水性」です。名前の通り、水分を弾く毛質で、吸水性の人と違ってあまり雨の日の影響を受けない傾向にあります。しかし、雨に濡れると髪へのダメージにつながり、キューティクルの損傷から吸水性となってしまうこともありえますので、雨の日のケアは吸水性の人同様に忘れないようにしましょう。

 

2.雨の日におすすめのヘアセット術

基本的には、髪を結ぶ、もしくはヘアピンで留めるのがおすすめです。髪自体のキープ力に頼ると崩れてしまうので、物理的に固定してしまうのがいいでしょう。

 

また、どうしても巻き髪をキープしたい、という人は、以下に点に注意してセットを行いましょう。

 

①ドライヤーで髪に残っている水分をしっかり飛ばす

お風呂上がり、雨の日のセットは特にドライヤーでしっかり乾かすようにしましょう。ここでしっかり乾かすか乾かさないかで、キープ力にかなりの差が出ます。

 

②ヘアアイロン用のスタイリング剤を使う

巻き髪セットの際はヘアアイロンを使いますが、ヘアアイロン用のスタイリング剤を下地として使っておくとカールのキープ力が上がりますよ。

 

③ヘアアイロンは熱をしっかりと伝えて

中途半端な熱で巻いても、維持できずに広がってしまいます。しかし高温で何十秒もあててしまうと髪に大きなダメージを与えてしまいますので、180度程度で10秒前後のセットがおすすめです。

 

④巻き後の冷風とスプレーを忘れずに

ざっくりとヘアセットしたあとは、冷風で固めるようにします。ゆるい感じにするために髪をほぐすのであれば、必ず冷風を当てた後にしましょう。自然な形にセットが完了したら、ヘアスプレーをかけてキープ!かけすぎてかっちかちにしてしまったり、ダメージを与えないように注意してくださいね。

 

3.まとめ

雨の日は女性の敵ですが、うまく付き合うことで他の女性と差を付けられるかもしれません。今回説明した内容を参考に、ぜひ雨の日に負けない髪を作ってくださいね。

 

銀座・新橋のセットサロン「WaX2」では、雨の日の悩みの他にも様々な髪のお悩みに対応! ぜひお気軽にお越しください。

 

銀座・新橋のセットサロン「WaX2」
http://wax2-hair.com/
 
お問い合わせはこちらから
03-3571-3739

関連記事