Blog

WAX2 > ブログ > コラム > セットサロンが教える!シャンプーを選ぶ時のポイント

セットサロンが教える!シャンプーを選ぶ時のポイント

こんにちは、「WaX2」スタッフです!皆さんは、今使っているシャンプーをどのような基準で選びましたか?香りが良さそう、CMで見た、安かった…いろいろあると思います。ですが、「シャンプーの成分」と「自分の髪・地肌に合っているか」まで気にして選んでいる方は意外と少ないのではないでしょうか。シャンプーは毎日使うものですから、本当に自分に合ったものを選びたいですよね。   そこで今回は、シャンプーの種類や選び方などを説明していきましょう。シャンプーの買い替えるタイミングだったり、なんとなく今使っているものが髪に合っていないと悩んでいたりする方は、ぜひチェックしてみてくださいね。  

1.シャンプーは大きく分けて3つの種類が存在

シャンプーには、「石鹸系」「高級アルコール系」「アミノ酸系」の3つが存在します。それぞれ値段や成分、そして洗った後の感覚も異なるため、まずはざっくりと把握していきましょう。  

1-1.石鹸系シャンプー

その名の通り、石鹸の成分でできているシャンプーです。植物系由来などの言葉が並んでいれば、高確率でこの石鹸系シャンプーに該当します。脂肪酸カリウムなどが含まれていることが特徴です。   メリットは、なんといっても天然成分で肌に優しい点。しかも洗浄力も強いので、いいとこ取り…のように感じられますが、実はデメリットはこの「洗浄力の強さ」。この洗浄力が強いというのは、つまり皮脂なども取り過ぎてしまいます。洗った後のキシキシ感が強く、また石鹸カスも残りやすい傾向にあります。人によっては皮脂を取りすぎた結果、過剰分泌を引き起こす恐れもあるので注意です。   ただし、そのデメリットにさえ気をつけていれば安全でオンリーワンな性能を持ちます。  

1-2.高級アルコール系シャンプー

コンビニやドラッグストアで気軽に買える、最も一般的なシャンプーです。高級、とついてますが、これは分子の大きさが高級であることを指しているだけで、今回紹介する中では一番安価に購入できますよ。   その泡立ちの良さ、洗った後の気持ちよさから、多くの人が愛用しています。大企業が何度も実験を重ねて出来たものもあるため、安心感もあるのではないでしょうか。   デメリットとしては、先程の石鹸系シャンプーと同様に洗浄力が強すぎること。洗浄力の高さから頭皮への刺激、皮脂の除去が強く、敏感肌などで合わない人にはかなり合わない問題を抱えています。   ちなみに、シリコンとノンシリコンの2つのタイプが存在します。ノンシリコンの方が肌に優しいというのは聞いたことがあると思いますが、最近ではシリコンが含まれていても安全量であれば問題ないと言われています。シリコンが含まれていれば髪の指通りが良くなるというメリットがあり、ノンシリコンであれば肌へのリスクの軽減・カラーやパーマがかかりやすくなるなどのメリットがあります。気になる人はチェックしてみましょう。(ちなみに、メチコン、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカなどの成分が含まれていればシリコンが含まれています)  

1-3.アミノ酸系シャンプー

洗浄の成分にアミノ酸系(グルタミン酸TEAやヤシ油脂肪酸など)を活用したものが分類されます。他の2つに比べ高価な傾向にあり、日常使用は人によっては抵抗があるかもしれません。   しかし髪はタンパク質で構成され、そのタンパク質自体がアミノ酸によって構成されるため、最も髪・地肌に優しいというメリットがあります。低刺激なので敏感肌の方にもおすすめできるでしょう。   一方でデメリットとして挙げられるのは、その洗浄力の弱さ。市販の高級アルコール系シャンプーから切り替えた直後などは、その違和感から不安になってしまうことも。気になる人は二度洗いするくせを付けましょう。   多くのサロンでは、このアミノ酸系シャンプーをおすすめするでしょう。「WaX2」でもおすすめしています。髪を本質から強く、健康にする作用があるため、少し高価でも長期的に見ると美容のためになりますよ。  

2.髪・肌のお悩み別シャンプー選び

ここからは、髪質別・肌質別のおすすめシャンプーを説明していきましょう。何はなくとも、基本は「アミノ酸系」で、肌質に併せて「高級アルコール系・石鹸系」を使い分けるという認識で間違いありません。  

2-1.ダメージヘア・乾燥ヘア

保湿力の高い「アミノ酸系」がおすすめです。「高級アルコール系」では、かえってダメージを加速させてしまう恐れがあるので注意しましょう。  

2-2.細めヘア・くせ毛

繊細な髪の毛の方にも「アミノ酸系」がおすすめです。「高級アルコール系」でも問題はありませんが、「石鹸系」だとごわごわ感が増えるので避けたほうがいいかもしれません。  

2-3.そもそも髪がボリューミー

「高級アルコール系」でも問題ありません。髪のことを考えると、本当は「アミノ酸系」がおすすめですが、洗浄力が低く何度も洗い直すため消費が早くなり、経済的負担がかかることは気にかけておきましょう。  

2-3.敏感肌・乾燥肌

「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。「高級アルコール系・石鹸系」では、皮脂を洗い落としすぎるからです。  

2-4.脂性肌

逆にオイリーな肌の方は、多少皮脂を落としても問題ないので、「高級アルコール系・石鹸系」がおすすめです。ただし髪が長い人は、石鹸系はキシキシするので避けたほうが良いでしょう。  

3.まとめ

洗浄力が低いなどのデメリットもありますが、総じて「アミノ酸系」がおすすめです。しかし価格が高く、継続的な使用が経済的負担になる方もいらっしゃるでしょう。その場合は「高級アルコール系」かつノンシリコンのものを選ぶのが無難です。   今回紹介したのは、あくまで一般的な髪質と肌質の話。女性の数だけ髪質と肌質の組み合わせがあるので、いろいろ試してベストなシャンプーを見つけてくださいね。   銀座にあるセットサロン「WaX2」では、お客様の髪質にあわせて様々なアドバイスが可能!ヘアセットだけでなく、髪のお悩みがある際もぜひお越しください! 銀座・新橋のセットサロン「WaX2」 http://wax2-hair.com/   お問い合わせはこちらから 03-3571-3739
PAGETOP
WAX2
SCROLL