Blog

WAX2 > ブログ > コラム > セットサロンも気にする、「パーソナルカラー」とは?

セットサロンも気にする、「パーソナルカラー」とは?

こんにちは、「WaX2」スタッフです! 皆さんはヘアカラーを決める時、何を基準にしていますか? もちろん流行を考えて、というのもあるかと思いますが、ヘアカラーを決める時におすすめの基準がもう一つあるんです。それが「パーソナルカラー」! 聞いたことがある人もいれば、いない人もいるかもしれません。   今回は、この「パーソナルカラー」について説明していきたいと思います。  

1.そもそもパーソナルカラーって?

パーソナルカラーとは、「あなた自身の色に調和する色」のこと。あなた自身の色とは、ここでは髪だけでなく、肌や瞳、唇なども含まれます。もちろんこれらの色は人それぞれで、他の人と完全に一緒というのはほぼありません。そのためパーソナルカラーを意識したヘアカラーをチョイスすることは、流行り廃れを気にする必要のない「自分だけのスタイル」を確立することに繋がります。   このパーソナルカラーには診断方法があり、肌の色を「ブルーベース」「イエローベース」に分け、それぞれを「ソフト」「ハード」で分類。ここから分けられる4種類をそれぞれ春夏秋冬に見立てて診断します。  

1-1.春タイプ

若々しいフレッシュなイメージです。ピンクなどのキュート系カラーや、オレンジなどのビタミン系カラーが似合います。逆に青みがかかったカラーを選ぶと、くすんだ印象を受けてしまうこともあるでしょう。  

1-2.夏タイプ

春タイプよりもエレガントさが多い夏タイプは、春タイプではコーディネートが難しかったラベンダーなどの青みがかかるカラーが似合います。暗いカラーを選ぶと老けて見られる可能性があるので注意。  

1-3.秋タイプ

大人なイメージが大きい秋タイプには、カーキ系の色がおすすめ。逆に春タイプ・夏タイプで無難だったビタミンカラーは、せっかく確立した大人なイメージを崩しがちなので避けたほうが良いかもしれません。  

1-4.冬タイプ

クール・スタイリッシュなイメージがある冬タイプ。黒髪系やパープルといった暗めのカラーを選ぶと、その良さが引き立つはずです。淡めの色は浮いてしまうので、しっくりくる色を探してみてくださいね。  

2.派手なヘアカラーは難しい、という人は化粧やアクセサリーから挑戦!

お仕事上、派手めのヘアカラーにすることは難しい…という人もいるかもしれません。そういった方でもパーソナルカラー入門といった形で意識できる要素が、化粧やアクセサリー。まずはパーソナルカラー診断を行い、自分の色を見極めた上で、相性の良い色を見出していきましょう。   上記で挙げたビタミンカラーなどの明るめのトーンの色は目立ちますが、同じジャンルのカラーでもトーンを抑えれば控えめに自分のスタイルを確立することができますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。  

3.まとめ

パーソナルカラーを意識したヘアカラーチョイスのメリットは、流行に振り回されて何度もカラーを変える必要がなくなること。ヘアカラーの回数を抑えることができれば、気になる髪へのダメージも抑えることができますよ。また「自分らしさ」を確立することができ、自信にもつながるのでおすすめです。   銀座・新橋のセットサロン「WaX2」では、一人ひとりに合ったヘアカラーや演出をさせていただいてます。がらっとイメージを変えたい人、自分のスタイルを模索している人は一度ご相談ください!   銀座・新橋のセットサロン「WaX2」 http://wax2-hair.com/   お問い合わせはこちらから 03-3571-3739
PAGETOP
WAX2
SCROLL