Blog

WAX2 > ブログ > コラム > セットサロンも気をつけている、髪と自律神経の関係性とは?

セットサロンも気をつけている、髪と自律神経の関係性とは?

こんにちは、「WaX2」スタッフです! 皆さんは、自分自身の自律神経が乱れている、と感じたことはありますか?自律神経は無意識のうちにコンディションが変わるため、慣れないうちは体調などがかなり左右される難しいものです。

 

実はこの自律神経、髪のコンディションにも影響するというのをご存じでしょうか?これまでのコラムでも何度か自律神経の大切さについて触れてきましたが、今回は改めて自律神経に焦点を当て、髪との関連性を説明していきたいと思います。

 

1.そもそも「自律神経の乱れ」とは?

そもそも自律神経とは、身体内にある「自分の意志ではコントロールが難しい」様々な部分の動きを調整してくれるものです。代表的なものが「内蔵」や、「身体の代謝」、「体温」などですね。

 

そしてこの自律神経は、大きく分けると「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。どちらもどこかで聞いたことがあるかと思いますが、簡単に説明すると以下になります。

 

・体を活発にしてくれる「交感神経」

・体をリラックスさせてくれる「副交感神経」

 

私達は生活を営む上で、体を活発にする必要がある場面は多くありますが、そのときに活躍するのが「交感神経」です。しかし、24時間常に活発にしていては疲労したり、様々な部位に支障が出たりします。そんなとき、体を休ませるのが「副交感神経」です。

 

「自律神経の乱れ」というのは、その交感神経と副交感神経のバランスが取れていない状況をさします。(「自律神経失調症」というくくりで扱われることが多いです)

 

交感神経はパソコンやスマホの光などで活動的になることが多く、現代社会に生きる人々の多くは自律神経が乱れがちと言えるでしょう。

 

2.自律神経の乱れと髪との関連性

自律神経が乱れると、だるさや多汗、頭痛、肩こり、不整脈などが怒ります。無意識のうちに緊張感が高まるため、不眠症につながることもあるでしょう。また、交感神経が活発になると血管が収縮するとも言われています。

 

上記のようなそもそもの自律神経の乱れに起因することもあれば、自律神経の乱れが引き起こした様々な諸症状が原因のときもありますが、このような状態になると「血行の悪化」につながりがちです。

 

血行が悪化すると、頭皮への血液を送る役目を果たす末梢血管が不調になり、十分な栄養が届けられなくなります。髪の毛をはやしたり、頭皮の健康を維持したりするには栄養が必要なため、結果的に「自律神経の乱れ」=「髪の健康維持に悪影響を与える」ということになるのです。

 

3.自律神経の乱れを整える方法

ここまで説明してきたように、自律神経の乱れは多くの場合交感神経が優位に働きすぎていることが原因です。そのため、自律神経を整えるには副交感神経を優位に働かせることが大切。

 

副交感神経を優位に働かせるには、意識してリラックスできる状況を作り出すことが必要です。例えば半身浴をしてみたり、好きな音楽を聴いたりするのが気軽にできるリラックス方法でしょう。寝る前にスマホを触る癖がある人は、スマホからの光で交感神経を刺激され快眠を邪魔されている可能性もあるので、控えてみてはいかがでしょうか。

 

もしストレスを抱えていて、常に不安や緊張感を覚えているようであれば、そのストレスを自分なりに解消する方法を探すことも大切ですね。

 

また、副交感神経を優位にしてくれる働きが期待できる食べ物として、カルシウムが含まれている牛乳、ビタミンCが豊富なレモン、ビタミンAが豊富なレバーなどがあります。美髪作りを意識する上でもおすすめの栄養素ばかりなので、積極的に摂取してみてくださいね。

 

4.まとめ

今回は、髪と自律神経の関係性について説明してきました。もし自律神経の乱れを感じているという人がいたら、今回紹介した内容を参考に、改善してみてはいかがでしょうか!

 

銀座・新橋のセットサロン「WaX2」では、あなたに合ったヘアセットを提供しているだけでなく、あなたに合った髪質のケア方法などの相談も受け付けています。髪のプロフェッショナルとして、適切なアドバイスをさせていただきます。

 

大変な時期だからこそ、美容への意識は忘れたくない!そんな人たちを応援しています。銀座にあるセットサロンの中ではトップクラスに格安・リーズナブルなサービスを提供中!普段遣いのコストを抑えたい方はお気軽にご相談ください!

 

銀座・新橋のセットサロン「WaX2」

http://wax2-hair.com/

お問い合わせはこちらから

03-3571-3739

PAGETOP
WAX2
SCROLL