Blog

WAX2 > ブログ > コラム > ヘアセットを長くキープするには?

ヘアセットを長くキープするには?

こんにちは、「WaX2」スタッフです!湿気が多かったり暑さから汗をかいちゃう季節、「せっかくセットしたヘアスタイルがすぐ崩れちゃう!」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、頑張ってセットしたヘアスタイルを少しでも長続きさせるポイントを解説します。少し気を付けるだけでかなり持ちが違ってきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.寝癖がついたままセットしない

朝、時間ぎりぎりまで寝て必要最低限の時間でヘアセットしている…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。さっきまで横になっていたせいで押しつぶされた髪は、よく言われる「髪が寝ている」という状態になっており、この状態でヘアセットするのはあまり好ましくありません。 ヘアスタイリングの際は、髪の毛がしっかりと「起きている」状態が理想です。お風呂に入り、ドライヤーで毛根まで丁寧に乾かしてセットするとかなり違いますよ!

2.ドライヤーを有効活用する

寝癖を直すのにドライヤーを丁寧に使うことが大切だと説明しました。ドライヤーはそれ以外に、ベースのフォルムや形を簡単に作る際にも重要なアイテムなんです! ドライヤーの熱を使えば、髪は思っているよりも自在に形を作ってくれます。頭のてっぺん付近の髪はしっかりと垂直になるように、抑えるべき部分は抑え気味に、ドライヤーで形作ることを意識してみましょう。何もしていない状態でセットするときよりも使うスタイリング剤の量を少なくできますよ。

3.スプレーを近距離で使わない

スタイリングの際に使うものの中で、特に注意してほしいのがスプレーの使い方です!「しっかり決めたいから」と髪の近くでふきつけている方、いませんか?実はこれはあまり良い方法ではなく、気持ち遠めの一定の距離から少しずつふきつけるのがおすすめです。 ポイントなのは全体的にカバーするイメージではなく、押さえたい部分にピンポイントでふきつけること。ふきつけすぎると髪自体の質量が多くなってしまい、セットがほどけてしまう原因にもなります。

4.セットする前に髪の流れを綺麗に

さあセット、という前に、くしで髪全体を軽くとかすことも忘れずに行いましょう。髪の流れが綺麗な状態であれば、セットしたことによる髪へのダメージをある程度防いでくれるほか、長持ちするようにもなりますよ!

5.スタイリング剤にこだわりを持つ

これは人それぞれなところがあるので「これだ!」というものをおすすめするのは難しいのですが、スタイリング剤の良し悪しもセットの持続に関係してきます。「ドラッグストアで安かったから使ってるけど、長持ちしない」という場合は、結果的にお財布にも髪にもよくありません。すこし奮発して良いスタイリング剤を買ったほうが満足した!ということもありますので、もし今使っているものに不満がある場合は見直してみてくださいね。

6.まとめ

いかがでしたか?ヘアセットの持ちは技術に左右されることもありますが、日常生活の少しの気遣いでも大きく変わってきます。銀座・新橋のセットサロン「WaX2」では、早い、安い、綺麗をモットーに、持ちの良いヘアセットを提供いたします!是非お気軽にお越しください! 銀座・新橋のセットサロン「WaX2」 http://wax2-hair.com/   お問い合わせはこちらから 03-3571-3739
PAGETOP
WAX2
SCROLL