Blog

WAX2 > ブログ > コラム > ロングヘア(長い髪)のメリット・デメリットとは?

ロングヘア(長い髪)のメリット・デメリットとは?

こんにちは、「WaX2」スタッフです!女性らしさが際立つ長い髪…誰もが一度は挑戦してみたいと思いがちなのではないでしょうか。セットサロンで働いている私達も、綺麗なロングヘアの人を見るとついつい憧れてしまいます。

 

人間の髪は1ヶ月で伸びる長さがおおよそ決まっているので、長期間髪を切らずに我慢する必要があります。また、それを維持するのにも気を遣ってあげる必要があり、女性らしさがアピールできるなどのメリットがある傍ら、ケアが大変というデメリットも存在すると言えるでしょう。

 

そこで今回は、多くの女性が憧れる「ロングヘア」について、メリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

1.ロングヘアのメリット

まずは、ロングヘアのメリットを紹介していきましょう。

 

1-1.様々なヘアアレンジを楽しむことができる

ロングヘアはショートヘアよりもアレンジの幅があり、新しい自分を見つけられる機会が増えます。特に編み込みなどの髪の長さが必要なアレンジはロングヘアならではとも言えますね。また、アップスタイルなどの晴れの舞台にふさわしい髪型も自在にできるため、相手に良い印象を与えやすいでしょう。

 

1-2.クセが現れにくく、寝癖のケアが意外と楽

長い髪は一本一本の重量が増えるため、重力の関係で髪のクセが緩和されます。ストレートアイロンをかけるときも、髪が長いため挟みやすいというメリットがあります。

 

また髪が長いと寝癖がついたときに大変、と思いがちですが、実はロングヘアは寝癖が付きづらい傾向にあります。ショートヘアは髪が短い分、根本から変な方向に癖づいてしまうことが多く、結果的に朝のケアの時間がロングヘアよりかかってしまうことも少なくありません。

 

1-3.輪郭が隠せるので似合う人が多い

ショートヘアは良くも悪くも顔の輪郭が出やすいため、似合う・似合わないが大きく出てしまいます。その点ロングヘアは輪郭が隠れがちなので、誰でも安定して似合う傾向にあります。

 

1-4.女性らしさが演出できる

ある意味で一番のロングヘアのメリットですが、長い髪は女性らしさを安定して際立たせてくれます。(もちろんショートヘアでも女性らしさを演出できますが、技術が必要になるなどハードルが高いです)

 

2.ロングヘアのデメリット

ロングヘアには多くのメリットがありますが、同時に生活の上で煩わしさを感じさせるデメリットも少なからず存在します。

 

2-1.とにかく髪が乾きにくい

ロングヘアで一番の悩みといっても過言ではない、お風呂上がりの髪の乾きにくさ。髪が長ければ長いほど、乾かすのに時間が必要になります。長時間ドライヤーをあてて髪を傷ませないように、しっかりタオルドライする習慣をつけましょう。

 

2-2.髪の痛みがわかりやすい

人間の髪の伸びるスピードはだいたい同じなので、ロングヘアになると、毛先の部分は年単位での過去のものになります。そのため髪の毛に累積されたダメージが如実に出やすく、日々のヘアケアの大切さに気付かされるでしょう。

 

2-3.髪が顔にかかるときがある

きちんとセットしていないと、髪が顔にかかってわずらわしさを感じることがあります。とくに仕事中に髪が顔にかかってくると、集中が切れてしまう可能性もあるでしょう。

 

3.まとめ

ロングヘアは多くの人が憧れがちですが、同時に日々のケアに美しさが左右されやすいハードルの高いヘアスタイルとも言えます。銀座・新橋のセットサロン「WaX2」では、あなたに合ったヘアセットを提供しているだけでなく、あなたに合った髪質のケア方法などの相談も受け付けています。髪のプロフェッショナルとして、適切なアドバイスをさせていただきます。

 

大変な時期だからこそ、美容への意識は忘れたくない!そんな人たちを応援しています。銀座にあるセットサロンの中ではトップクラスに格安・リーズナブルなサービスを提供中!普段遣いのコストを抑えたい方はお気軽にご相談ください!

PAGETOP
WAX2
SCROLL