Blogブログ

ヘアセットのトレンドなどを配信するWaX2のブログです

セットサロンもおすすめ!ヘアパックの概要と使い方を説明

こんにちは、「WaX2」スタッフです! 突然ですが、皆さんは「ヘアパック」を使っていますか? 髪や美容の感度が高い方はすでに使っているかと思いますが、髪に潤いを保ちさらさら感をキープする上でマストなアイテムなんです!

 

そこで今回は、「ヘアパック」とは何かと、トリートメントとの違い、効果的な使い方まで丁寧に説明! 最近髪へのダメージが気になるという方は、ぜひ日々の美容に取り入れてみてくださいね。

 

1.ヘアパックってそもそも何?

シャンプーやトリートメント、コンディショナーとは違う、第三のヘアケア製品。それがヘアパックです。日常使い前提のシャンプー・トリートメント・コンディショナーとは違い、週に1度などの特別なケアとして取り入れるのが一般的です。

 

ヘアパックとは、簡単に言えば髪へのダメージをケアしてくれるものです。これだけ聞くとトリートメントとどう違うの? と思うかもしれませんが、「トリートメントのスペシャルバージョン」としてダメージケア能力が高いという認識であればおおむね間違いありません。

 

最近パーマやカラーを多用して髪へのダメージが気になる、季節の関係できしきし感を覚える、といった方は、普段のトリートメントだけでなくヘアパックも取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

2.ヘアパックの効果的な使い方

ヘアパックには様々な種類がありますが、使い方はほとんど同じです。

 

まずはシャンプーでいつものように髪を洗いましょう。そのあとは本来トリートメントを使うタイミングですが、ここでヘアパックを使います。(ケア能力が高い分、薬効も強いため、地肌や髪の根本についてしまわないのに注意してくださいね)

 

髪全体をカバーするようにつけたら、温かい濡れタオルなどで髪を包んで蒸すようにキープします。こうすることでヘアパック本来の成分が髪に浸透するのです。キープ時間は商品によって差がありますが、数分から数十分とトリートメントに比べかなり長めです。そのためゆったりお風呂に入ることができる週末の夜などに、自分へのご褒美として行うことをおすすめします。

 

十分蒸して成分が浸透したのを感じたら、お湯で丁寧に流しましょう。その後はトリートメント・コンディショナーを使う必要はありませんが、髪の流れが気になるという人は使っても問題ありません。

 

3.コンディショナーとの違いは?

コンディショナー(リンス)は「髪の表面をコーティングし、指通りなどを良くするもの」、ヘアパックは「髪の内部からダメージをケアするもの」という認識で間違いありません。

 

普段コンディショナーしか使わない人は、表面は良いものの内部にダメージを抱えているということもあるかもしれませんので、週に1回のヘアパック習慣を作ってみてくださいね。

 

4.まとめ

最近髪へのダメージが気になる、という人にぜひ導入してほしいヘアパック。セットサロンの私達からしても、お客様の髪のセットのしやすさやキープ力に影響する以上、強くおすすめしています。もちろん、自分でヘアセットをするときにも日々の髪のメンテナンスがものを言うので、これを機にまだの人は使い始めてみてはいかがでしょうか?

 

銀座にあるセットサロン「WaX2」では、お客様の髪質にあわせて様々なアドバイスが可能!ヘアセットだけでなく、髪のお悩みがある際もぜひお越しください!

 

銀座・新橋のセットサロン「WaX2」
http://wax2-hair.com/

 

お問い合わせはこちらから
03-3571-3739

関連記事